okiのトナーを再利用する|リサイクルで広がるエコロジーの輪

プリンター

プリンターの不調を調べる

印刷の文字がかすれる原因

プリンター

リサイクルトナーを知ったのはプリンターのインクが詰まった時でした。最初に不調に気づいたのは、プリンターで印刷した写真の色合いに実際と全然違う色が印刷されたことと、文字を印刷した時に文字がかすれたり、指定した色とは違う色で印刷されてしまったことです。不調の原因を調べると、インクをセットし噴射する部分が目詰まりしているということがわかりました。ここはトナーと呼ばれる部分です。同機種の販売は終了しており、部品交換は出来ません。新機種のプリンターも販売されていましたので、新しいプリンターの購入も検討しましたが、リサイクルトナーというものが販売されているのを知って興味を持ちました。使用している機種のリサイクルトナーが販売されているかどうかはインターネットで検索するとすぐわかりました。リサイクルトナーはどのメーカーのものもほとんど販売されていました。

まずはトナーを洗ってみる

リオサイクルトナーは一般家庭だけでなく、法人企業でも使用されています。コストパフォーマンスが良く、大量のトナーを使用する法人企業には最適なものでしょう。しかし、使用する場合にはいくつかの注意点があるのです。そのなかの1つに、印字の薄さがあります。契約書類などの大切な書類を印刷する場合には注意が必須です。現在では、しっかりと印字ができるリサイクルトナーも登場しているので予め確認してから購入しましょう。リサイクルトナーの情報サイトなどを確認すると簡単に知らべることが可能です。リサイクルトナーはこれからも、沢山の人に活用されることでしょう。