okiのトナーを再利用する|リサイクルで広がるエコロジーの輪

プリンター

純正品には無いメリットも

純正品との違いと利点

プリンター

レーザープリンターのトナーカートリッジにはメーカー純正品とそれと同じように機能する他社製の互換トナーがあります。さらに互換トナーには使い捨てとリサイクルトナーの2つのタイプがあり、okiの製品も同様です。 純正品とoki互換のトナーの違いや、互換トナーを用いる利点を情報として知っておくと、より業務や用途、コストに見合ったプリンタの使用に繋げることができます。 まず純正品との違いについてですが、トラブル時にメーカー保証が受けらるかどうかという点があります。このため互換トナーを用いる場合は、リスクも存在します。一方で利点もあり、他社が製造するoki互換トナーは値段が非常に安く、コスト面で純正品を圧倒しています。 品質に関しても最近は純正品のトナーに近いものとなっており、oki互換トナーを導入する事でレーザープリンターをもっと安く利用することができます。

大容量トナーも利用できる

メーカー純正には無い、互換トナーを利用するメリットの1つが大容量トナーを使う事ができる点です。oki製品の互換トナーに関しても同様で、大容量トナーが多くのメーカーから販売されています。 大容量トナーはコストパフォーマンスの面で優れているのはもちろん、他のメリットとしてトナー交換の頻度が減ることも魅力の1つです。特にレーザープリンターを頻繁に用いるオフィスや教育機関などでは、大容量トナーの恩恵を得られやすく、購入するメリットも十分です。 またoki対応の大容量トナーの中にはリサイクル対応の製品もあります。使用し終わったトナーを無料で回収してもらい、トナーインクのみを業者に詰め替えてもらって使用するため、コスト面と環境面で優れています。